やっぱり登録するなら即アポで会える出会い系サイト!

出会い系サイトも昔に比べてたくさんの種類のものができました。
様々なニーズに答えるように細分化されていく出会い系サイト…
熟女、人妻、割り切り、メル友、年齢、職業、地域などなど探したい人が多くなってきています。

しかし、昔から変わらないのは「即アポできる会える出会い系サイト!本当に会える出会い系サイト」が良いということです。
たとえ、自分好みのユーザーが集まっている出会い系サイトを見つけたとしても、その出会い系サイトの会員自体が少なかったり、サクラばかりで全然会う事ができなかったりしてしまったら意味がないですよね。

最終的な目的は「会える」事なので、まずは会える出会い系サイトを探してその中から自分の好みにあった人を探す方が効率がよいです。

会える出会い系サイトというのは果たしてどのようなサイトを選べばよいのでしょうか?
一概には言えませんが「サクラがいないサイト」というのが重要になってきます。

もちろんサクラがいたとしてもその中から本物のユーザーを見ぬけられれば問題はありません。
「そんなことできるの?」「難しそう…」と思いますか?
しかし、サクラと本物のユーザーを見抜くのは案外ポイントさえつかんでしまえば簡単なんです。

今まで散々ポイント課金などでサクラに泣かされてきた方は必見です!

出会いで人生を豊かに

インターネットの出会いは人生を豊かにする。
これは間違いない事だと思う。
今の、特に一定の年齢以上の人の中には、インターネットの出会いを毛嫌いしている人もいる。
毛嫌いというか勘違いしている人という方が適当かもしれない。
その手の人達はインターネットの無料出会い系が危険なものだと思っているらしい。
そして、インターネットの出会いの危険な部分しか見ず、そのメリットを完全に無視している。
確かにインターネットを利用して出会った同士がトラブルを起こして事件になるなんていうニュースが近頃テレビなぞでは取り沙汰されている。
しかしよくよく考えてみれば現実でいたって出会いからトラブル、事件なんていう話はありふれている話であって。
結局インターネットで出会った同士が事件に至るのは、安全な出会い方を知らないからだ。
それもそのはず安全な出会い方というのを親、学校が教えればいいが、彼らはそれを知らないのだから教えられるはずがない。
本当はインターネットの出会いというのは人生を彩るものだというのに。
縁は異なもの味なもの。味な出会いがより期待できるのだ。
所詮人との繋がりで広がる交遊関係というのはたかが知れている。
しかしインターネット上での出会いというのは無限の可能性がある。
実際海外の人間とも簡単に繋がることができる。
自分の知らないことを知っている人間がたくさんいる。
そういう人の知識を、そういう人と出会うことで少しずつ自分のものにしていく。
人間的魅力はそうして培われるのではないだろうか。
完全にゼロから何かを生み出し続けることはできない。
人の知識を借りて色々なことを統合して、自分なりの形に練り上げる。
より果たしてヘソ下目線の出会いしかないと勘違いしているからインターネットが危険だなどと見当違いのコメントができるのだ。
インターネットの出会いを上手く使いこなしている人は、メキメキと魅力的になっている。
インスタントに情報を手に入れられる今だからこそ、出会いも、また……。

タグ

ネトゲーだけにかぎらない!SNSでネカマ

ネカマという言葉を知っているだろうか。
ネットオカマの略で、本当は男性にも関わらず、ネット上では女性を演じる人のことだ。
もともとはネットゲーム用語だったのだろうか、比較的その辺で聞かれた言葉のような気がするが、最近はネカマはネトゲーだけにかぎらない。
SNS出会い系サイトなどにもネカマはけっこういたりする。
どうしてネカマをするのかというと、ゲームなどでは単純に女の子のアバターが可愛いから使いたかっただけでそれほど深く考えていない人もいる。
女の子キャラクターのアバターで敬語でしゃべるだけでネカマにはなれる。
すぐに中身が男であるという人もいるし、別に言う必要がないから言わない人もいる。
面白いから強いて言わない人もいるし、女の子に成りきっている人もいる。
最初から他の人を騙してやろうと思ってネカマをやっている人もいる。
イタズラ目的のネカマというやつだ。
女の子に成りきってなにが楽しいのだろうと思うかもしれない。
しかしこれが案外楽しいのだ。
ネトゲでは女の子に成りきるだけで周りのみんなからチヤホヤしてもらえる。
イタズラ目的にしろ、女の子として登録するだけでこれがまたホイホイと男が釣れる。
相手を騙してイタズラしたりすることを釣りなんていうが、ネカマは入れ食いである。
SNSで女の子として適当な写真とプロフィールにして、適当に女の子っぽいことを言っているだけでバンバンどこの馬の骨だか牛の骨だかもしれぬ寂しい男性達からアプローチがある。
まさにたくさんの男性達から求婚されるかぐや姫気分だ。
金銭の要求等ではなければ、ほとんど無理な要求でも彼らは必死に叶えようとしてくれる。
火鼠の衣を要求すれば火鼠の衣探しに奔走してくれるし、燕の子安貝が欲しいといえば何とかそれに似たもが無いか、他の人よりも先駆けて気に入られるために必死だ。
特にSNSで出会いを探しているような勘違い野郎ほど簡単にひっかかるから面白い。
男を手玉に取るというのはえも言われぬ快感がある。
だから最初は楽しいが、だんだんと疲れてくる。
暇なら一度くらいSNSでネカマ行為をするのもも悪くないと思う。
なんせ飢えた男はSNSなどに多いから、なかなか楽しい暇つぶしになると思う。

タグ

2014年4月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:サクラの存在

自分の目で見て確かめて

そこが本当に優良かどうかは使ってみないことには
何も分かりません。

出会いサイトにおいて優良無料出会いというのは褒め言葉です。
それと同時に宣伝文句でもあるのです。

大して優良でもないけどとりあえず優良と言っておこう、
そういうサイトも実際多いです。
優良かどうかというのは使ってみないと何とも言えません。

優良出会いサイトで出会いを探す、
口で言うだけなら物凄く簡単なのですが、
やろうと思うとかなり難しいですよ。

探してすぐに見つかるものでもありませんし、
不透明な部分が多いのは確かです。

優良という言葉だけを見ずに、その出会いサイトをちゃんと
確かめる癖を付けてください。
優良の出会いサイトを確かめられるのはあなただけ。
出会いが欲しいならやるべき行いです。

今の出会いサイト、見た目だけで判断するのは不可能です。
規約や会社概要などの確認等をしない限り、
安心なんてできないですよ。

優良が乱立している以上、
自分の目で確かめないと難しいですね。
優良出会いサイトの数は思っているほど多くないです。

いくら少ないと言われていても何だかんだで
100件ぐらいあるんじゃないか、
と思っている人もいるのでは?

甘いですね。

出会いサイトはそんな良心的なところではありません。

全体の1%にも満たないのが優良出会いサイトの数です。
巷の噂では6件しかない、なんて言われています。

6件しかない。
冗談かと思いますよね、でもそう冗談でもないのが
今の出会いサイトの状態になるのです。

優良出会いサイトの少なさは異常とも思われるかもしれません。
しかし、すべてが悪質に染まっていない事の方が逆に驚きです。

ユーザー同士を会わせたところで得にならないことを
やっているわけですからね。
優良出会いサイトというのは利益をド返した運営です。

周囲が次々と金儲けに走る中、
優良出会いサイトはユーザー同士の
出会いを優先しているということです。

ですが、そんなやり方がいつまで持つかも分からないですよ。

優良出会いサイトが無くなるのも時間の問題でしょう。
背に腹は代えられないですから。

タグ

サクラは結構バレバレ

出会い系サイトにいるサクラというのは結構露骨でわかりやすい。
そんなサクラに騙される人もいるんだからなんとも残念だ。
悪質な出会い系サイトも結構バレバレだとは思うが、しかし騙される人がいる。
詐欺の無料出会いサイトというのは露骨に男性向けの傾向がある。
本来出会い系サイトなんていうのは男女共に集めなくてはいけない。
特にどちらかといえば女性利用者の方が集めるのが大変なようで、真っ当な出会い系サイトの料金システムを見てもそれがわかる。
男性利用者に色々な部分で利用料が課されるのにたいして、女性利用者はほとんど無料である。
そこまでして女性利用者を集めたいのにどうして男性向けの広告や、サイト模様を打ち出そうか。
それを知っていれば詐欺の出会い系サイトなどはピンとくるものである。
特にセフレを作るだの、エロい女の子が多いだのという紹介で、あら、アタシったら破廉恥だからこのサイトがピッタリね、なぞとどうしてなろうか。
詐欺の出会い系サイトにはサクラしかおらぬ。
サクラが考えることはただ一つ。
利用者にいかにポイントを使わさせるかの一点である。
だからできるだけギリギリまで話しを引っ張って、丁度ポイントが切れるあたりであとちょっとと思わせぶりな態度を見せる。
こりゃ、据え膳食わねばなんとやら、で据え膳のはずがいつの間にかそれにお金を払ってしまっている。
あとはそれの繰り返しである。
詐欺の出会い系サイト以外にもサクラが紛れ込んでいる。
こっちのサクラのやることは自社の詐欺の出会い系サイトに誘導することである。
しかしこの手のサクラがまたバカにわかりやすい。
なんせこっちのサイトでお話しましょと誘ってくるからだ。
外部のサイトに誘導しようとするやつがいたらそりゃサクラだ。
やけに美少女の写真をプロフィールにしているならばなおさらその可能性が高い。
岡目八目、一歩下がってみてみればサクラはなんとも露骨であるから、これに騙されるのはみっともない。

タグ

2014年3月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:サクラの存在

なんかズレている詐欺のサイト

優良な出会い系サイトを探すために口コミを調べるのは有効だ。
出会い系サイトの口コミサイトを見ていると結構詐欺のサイトの口コミが出てくる。
しかしこの騙された人達はなんかどこかズレていると思うんだよ。
俺はコイツに騙された!気をつけろ!○○何歳住所~
とか
いや~この出会いサクラに騙されちゃったよとほほw
みたいな態度で書き込んでいるが、ほとんどの場合において、騙されてお金を無駄に使わされたということはそのサイト自体が詐欺のサイトということだ。
どうもその口ぶりから上手くやれば出会えたかもしれないのに、みたいな空気を感じる。
サクラに騙された気でいるのかもしれないが、サクラに騙されたということは詐欺の出会い系サイトそのものに既に騙されているということだ。
なんかまだその詐欺の出会い系サイトの核心に気付いていない人が多いと思う。
そりゃーこいつら騙されるわなって人が、騙されるべくして騙されているのだろう。
そんなやつからから何万円も吸い取れるんだから、詐欺の出会い系サイトを運営している会社はさぞ儲かるんだろうね。
最近は優良な出会い系サイトと調べても、詐欺のサイトがたくさん出てくるようになった。
だから前よりもはるかに気をつけなくてはいけないのに、バカが多いようだ。
そもそも明らかに料金の高いサイトがおかしいとは思わないのだろうか。
どうして料金がバカみたいに高いサイトが優良だと思うのだろうか。
はっきり言って騙される方がバカだとしかいえない。
サクラのプロフィール写真なんて一瞬で見抜けるぞ。
可愛すぎる写真は詐欺に決まっているのに、どうしてみんな騙されるのだろう。
いつからそんなに色男になったんだ?可愛い子に惚れられるような器量じゃないだろ。
優良のサイトを見つけたいなら、しっかりと口コミを調べなさい。
それだけで十分に詐欺のサイトを回避できるのに。
騙されるやつは下調べが不十分すぎるんだよね。
優良なサイトなんて本当に一握りしかないってのにね。

タグ

2014年3月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:サクラの存在

失敗を活かすことが近道

出会い系サイトでどういう失敗をしたことがあります?

重要なのは失敗した事ではなく、
その失敗を何度も繰り返したかどうかです。

東京出会いサイトで失敗するのは当然のこと。

その失敗を次に活かせたどうかが重要であって、
失敗すること自体にさほど問題はありません。
どんな失敗であれ活かせるかどうかが出会いを左右します。

出会えないと言うのはその失敗が活かされていない、
という事ですね。

失敗を失敗のまま繰り返していたら意味が無いですし、
時間の無駄になってしまいますよ。
出来ることがあったらやってください。

失敗をそのままにしておいてもずっと会えないままです。
なぜ、どうして出会えなかったのか、
何が悪かったのか、
出会い系サイトで出会う近道はそれを積み重ね、
克服していくこと。

面倒ですよ、
でもこうなってしまった以上はやるしかありません。

環境に合わせて動くのも非常に重要だと思いますけど。
と言いますか、環境に適応できない時点で終わりです。
出会い系サイトの情報などを交換する掲示板で、

”出会える出会い系サイトを知りませんか?”

なんて質問をしている人がいたります。

探すのが面倒なのか、または探し方が分からないのか、
理由はどうであれこの方法は間違った探し方です。

そういう場所でそういう質問をするというのは
業者に悪質サイトを教えて下さい、と言っているようなもの。

そこに他のユーザーが正直に教えてくれると思いますか?
まず無いと思います。

親切に教えてくれる人は、
何かしらの意図があって教えてくれただけ。
その意図が親切心から来るものではない可能性の方が
よっぽど高いのがネットの世界です。

親切な人ばかりが親切な情報を教えてくれる、
本当にそう思っています?

そんな素人丸出しな探し方は控えましょうね。

こういうやり方で出会い系サイトを探そうとする人が
結構多い事に驚きです。
ネット情報を信用し過ぎです。

個人的な意見になってしまいますが、
自力で地道に探し出すのが一番だと思います。

タグ

容姿については触れないで

出会いサイトで「君はかわいいの?」と尋ねて、
「うん」って応えるわけがないじゃないですか。
そう応えるのはブスかサクラぐらいです。

本当に可愛かったらコミュニティサイトなんて使ってませんよ。

そもそも出会いサイトで相手に「かわいいの?」って
ダイレクトに訊き過ぎです。
もっと言葉を変えた方が良いと思います。

そこで芸能人で誰に似ている、とか
どうせ言われた事も無い人の名を出すだけです。
名前が似ているだけ、とは普通にありますよ。

尋ねたところで正直な返答なんてあるわけが無いのです。

出会いサイトで誰に似てるとか、かわいいの? 
と尋ねるのはナンセンスです。

写メ交換なんてもっと信用できないですよ。
角度1つで別人になりますから。

顔をめっちゃ近づけて撮る、異様な角度からの撮影、
すべて疑問に持った方が良いでしょう。
写真で可愛くても実際に会って可愛くなければがっかりするだけ。

出会いサイトで、相手の容姿を尋ねても無駄ということ。
実際に会ってみないことには何も分からないのです。
大人の出会いサイトとは言い方を柔らかくしていますが、
結局はエッチな出会いサイトの事を言います。

言い方を変えていますが、そういう事です。

最近は直接的に言うところも少なくなりました。
こうやって間接的に、
どういう出会いになるかのイメージはユーザーに委ねる、
というような感じが増えています。

大人と言えばどういう出会いか分かるでしょ、お客さん、と。

しかしそれは逃げ道を作った言い方でしかありません。

大人の出会いとは言いましたがエッチな出会いとは
一言も言っていないですよ、って。

誘い文句である事に違いはありません。

そういうところがどういうところか分かりますよね。

わざわざ言い換えて客を誘っているようなところです。
やんわりとした言い方だったとしても、
口にしていないだけに過ぎません。

出会いサイトにおいて大人の出会いって言ったら
目的は1つしかないですよ。

言い方の問題だけであって、
根っこの部分は変わらないです。
出会いサイトというのはそういう場所になります。

タグ

知り合いのおじさんが騙されそうです(笑)

俺の知り合いのおじさん、と、言っても30代半ばくらいだが、老け気味だから便宜的におじさんとしておこう。
彼が出会い系サイトに引っかかっているのではないかというのが今俺の中で熱い。
と、いうのも、どうやら色々な出会いアプリで業者っぽい女の子にメッセージやらなんやらを送りまくっているのはなんとなく知っていた。
サクラと本物の区別がついてないのも薄々知っていた。
そのおじさんと最初にした話も、フェイスブックで変なアカウントに引っかかったからフェイスブック退会したいがやり方がわからないとのことで、それを教えてあげた話だった。
そのおじさん、本人の言う所によれば、かわいい彼女がいるらしい。
しかしその話がどうにも胡散臭い。
彼女の写真は一枚もないのに、堀北真希似らしいという情報だけはある。
唯一見せてもらった写真は、彼女の家の庭だという結構な広さの日本庭園であった。
おじさんは運送業をしていて、基本的には関東圏だが、その配達先各地で色々なものを食べては、その写真を撮ったりしている。
先日も母親の誕生日に月島にもんじゃ焼きを食べにいったらしい。
さて、そのおじさんが彼女と一緒にご飯を食べに行った、またはらしき写真は無い。
なにやらきな臭くなってきぞと思ったわけだ。
もしかしてサクラか何かに騙されているのではないかと思ったわけだ。
ツイッターを始めた時も、最初に基本的なツイッターの使い方を教えたが、あきらかに業者からの連絡に喜んでいたので、それサクラだよと教えたら落胆していた。
おじさんはどうやらサクラが見分けられないらしい。
基本的にはミクシィを中心に色々手を出しているみたいだ。
ツイッターをこっそり監視しているのだが、ツイッターはそこまで熱心にやっているわけではないらしい。
だからイマイチ動向がつかめないのだが、しかし他のSNSでサクラに引っかかっている可能性は十分にある。
今度会った時にそれとなく彼女が実在するのか確かめようと思う。
もしサクラに引っかかっていたらどうしよう(笑)

タグ

出会い系サイトの色々な楽しみ方

出会い系サイトというのは色々な目的て使っている人がいる。
色々な種類の出会い系サイトもある。出会う方法もある。詐欺のサイトもある。
出会い系サイトを使っている人のほとんどはセフレ的な関係ないし、とりあえず一回でもセックスできればいいやくらいの気持ちで使っている人が多いと思う。
ついで真面目に恋愛がしたいなんていう人もいると思う。
婚活している人もいるらしいけど、普通の穴違い~彼女の姉にうっかり挿入サイトで婚活ってそれかなり頭残念ですよ!
で、なんとなくさびしいからそういうサイトを使っている人もいると思う。
あとは詐欺の出会い系サイトと対決するのが楽しい人もいると思う。
この手の対決の体験談面白いからいい暇つぶしになるね。
実際出会い系サイトを利用するならば、やっぱり性欲のはけ口としての出会い系サイトというのが一番真っ当な出会い系サイトの使い方だと思う。
確かに真面目に出会いを探してもいいけど……。
なんかこう出会い系サイト使っている人ってあんまりまともじゃないようなイメージばっかりだから……ねえ……?
特にこれは女の子に多いけど、寂しいから出会いを求めているってパターン。
これは面倒くさい女の子が多いからね。
一回捕まったら逃げだせないくらいがんじがらめにされる可能性ある。
もしくはちょう浮気性のどっちか。
依存傾向がある女の子がこれにあたるってわけ。
依存ていうのはそもそも自己中心的な欲求だからね。
さびしいからなんていう奴ほど簡単に恋人になれたりするものだけど、だいたい長続きしないよね。
なんてたって、寂しいから出会い系サイトっていうのは、寂しいから恋人っていうのは、結局相手よりも自分が好きだからそうするわけで。
そういう相手には慎重に接しなきゃいけないと思う。
まぁ色々な楽しみ方があるから、自分が面白いと思う楽しみ方してくれりゃいいんだけどね。
出会い系サイトなんて使っているなんていうのは回りに言う話でもないし、周りの人を巻き込まないならば、どんなゲスなことをしてくれてもかまわんよ。

タグ

出会い系サイトはずるい

出会い系サイトの何がずるいかっていうとやっぱり退会する方法をわかりにくくしているところ。
そりゃ気持ちはわかるんだけど、退会したいのにあっちへ行ったりこっちへ来たり……。
とてもイライラする。
わざとわかりにくい口コミ出会い系ページの作りにしているんだろう。
もちろん目につく場所に退会ボタンを置いておいたら衝動的に退会してしまうかもしれないから隠した方がいいのかもしれない。
場所や方法がわかりにくい上に最後に質問だかアンケートだかでまた時間を取りやがる。
こっちはさっさと退会したくてそれどころじゃねっつーの。
悪質な出会い系サイトになると退会すらできないサイトもザラ。
まあそういうサイトは登録すらあってないようなものだけどね。
出会い系サイトはなんかあれだよね。流砂とか蟻地獄みたいなイメージ。
そういう卑怯なやり方ばかりやっているから出会い系サイトのイメージが悪いんだよ。
もっと明朗で健全なサイト作りを心掛けた方がいいと思う。
そもそも出会い系サイトは今や完全にポルノビジネスかなにかとしか思えない。
これはまぁほとんど詐欺の出会い系サイトが悪いんだけど。
その詐欺の出会い系サイトの広告は裸のおねーちゃんがいたりするわけ。
普通にそんなのが色々なサイトに出張ってきている。
そんなのばっかり見てたらそりゃ出会い系サイトのイメージも悪くなる。
大手の出会い系サイトなんかは誰でも使えるような素敵な出会い系サイトを目指して頑張っているようだけど、まだまだそれには程遠い。
大手だってまだずるい退会のやり方を踏襲しているし、出会い系サイトを使うことに対して抵抗感があるのは現代人のほとんどだと思う。
出会い系サイトがずるいサイトであるかぎり出会い系サイトはなくならない。
他によっぽどいい金づるでも見つけないかぎりはいつまでも出会い系サイトは居座り続けるだろう。
早くずるいやり方をやめて健全な出会い系サイトにかわってほしい。
そうしたら俺がつかってあげてもいいよ。

タグ

このページの先頭へ